間違えてばかり、失敗してばかり、傷つけてばかり、失くしてばかり。こんな思いはもう沢山、二度としたくない。強くなろう、弱い自分のままは嫌だ。誰かと生きられるだけの強さが欲しい。愛せるだけの、守れるだけの強さが欲しい。あの頃少しだけ見せた強さが欲しい、もっと確かなものとして。自分の醜態を思い出すと嫌で嫌でたまらない。今考えると自分でも理解できない、なんであんなこと。今更悔やんでも何にもならないけど、自分の甘えに嫌気がさす。次に舞台に立つ時は、絶対に同じ失敗はしない。今はただその日のために力をつける。今はただ。

今年はいい年になると思う、俺が全力でそうしようと思うから。
本当の意味で格好良くなろう。出会った頃に思われていたであろう自分も越えるくらい。最後まで望まれていたであろう自分も越えるくらい。

「何だって出来るよ、出来るまでやればいいんだから」

そう言ったのは君だったな。俺はやるよ?いつまでだって頑張ってやる。君がびっくりするくらい、「何だ、やれば出来たんじゃん」って言わせるくらい格好良くなってみせる。それが今年の決意。いや、一生格好良くなり続ける。ゴールは決めない、満足なんかしない。…上等だろ。

今の俺にはその身を案じる資格もないという現実。この先どう転ぶにしろ、今は何もできない、言えない。
二度とこんなこと起こさない。こんな思いは一度で十分。

自分に課した課題を書き殴って壁に貼りつけてみた。来年どれだけ果たせているだろうか、もちろん全部のつもりだけど。